メールマガジンの購読 メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  チュチェ思想
  トップ政治理論>チュチェ思想
関連用語
□金正日
□朝鮮労働党
関連資料

関連広告
▽政治・社会の本▽

 故金日成主席が唱えた北朝鮮の指導原理とされている思想のこと。

 チュチェとは「主体」を意味し、「革命と建設の主人は、人民大衆であり、革命と建設を推し進める力もまた人民大衆にある」とされる。「主体経済」「主体農法」などといった幅広い使い方をされ、中ソ対立の狭間で苦しんできた金日成が自国の主体性を確保するために活用した。

 金正日総書記が、故金日成主席のチュチェ思想を基に発展させた哲学がチュチェ哲学である。これに基づき朝鮮労働党の指導方針も体系化された。
(2002/12/05)




【関連ウェブサイト】 (2002/12/05)
「チュチェ思想国際研究所」:出版、セミナーの紹介など
「朝鮮民主主義人民共和国を正しく知るために」:論文紹介など
「初めてのチュチェ」某A庁内コンテンツ
「革命史跡−チュチェ思想塔」

【関連書籍】 (2002/12/05)
『北朝鮮 破局への道−チュチェ型...』/玉城 素
『チュチェ思想の世界観』/朴 庸坤
『燃える国・チュチェ−ジャーナリストの...』/石川 昌
『主体哲学概論 チュチェ(主体)思想叢書』/金 哲央
『主体的世界観 チュチェ思想叢書』/朴 庸坤

「チュチェ思想」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


お知らせ お問い合わせ HELP LINK 資料室
トップページ