メールマガジンの購読 メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  ワークシェアリング
  トップ > 社会主義・労働 > ワークシェアリング
関連用語
□連合
□ニート
□2007年問題
□ホワイトカラーエグゼンプション
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 雇用を確保するために、一つの仕事を多数で分け合うという考え方、および政策のこと。

 従業員一人あたりの労働時間を減少させることによって、失業を防ぎ、雇用水準を維持することを目的として実施される。

 近年、ドイツ、オランダ、フランスなどの欧州の一部で実施されてきているが、その効用についてはまだ疑問視する声もある。

 また、企業レベルで導入している例もある。
(2001/10/2)




【関連ウェブサイト】
「Y!ニュース−ワークシェアリング導入」
「ワークシェアリング導入促進プロジェクト」:兵庫県の事例
「ワークシェアリングは働きやすい社会を可能にするか」
「ワークシェアリングとは何か?」:サンの心理コラム

【関連書籍】
『ナレッジマネジメントとリス...』/石川 昭(新刊)
『リストラとワークシェアリング(岩波新書)』/熊沢 誠(新刊)
『日本型ワークシェアリング(PHP新書)』/脇坂 昭
『ワークシェアリングの実像...』/竹信 三恵子
『ワークシェアリング―『オランダ・ウェイ』に...』/根本 孝

「ワークシェアリング」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ