メールマガジンの購読 メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  メリット・システム
  トップ > 政党・国会 > メリット・システム
補足情報
英語:merit system
別称:資格任用制、成績任用制、成績主義
関連用語
□スポイルズ・システム
□ラスパイレス指数
□予算の単年度主義
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 公務員の採用や昇進などの人事に関して、その専門知識や成績、資格などを基準として行う制度のこと。

 政治的腐敗の原因として、批判されるようになったスポイルズ・システム(猟官制)と対比される。

 1870年にイギリスで、官吏採用に際して最初の公開競争試験が実施された。

 日本では、戦後の公務員制度の改革において確立された。
(2006/02/26)




【関連ウェブサイト】
「アメリカの政治に関わるメモ」
「予算におけるメリットシステムの導入について」:横浜市の事例
「Yahoo!ニュース - 公務員制度改革」

【関連書籍】
『戦後日本の公務員制度史 ...』/川手 摂(新刊)
『公務員制度の変質と公務労...』/二宮 厚美(新刊)
『告発戦後の特高官僚―反動...』/柳河瀬 精
『異議あり!公務員制度改革...』/新藤 宗幸
『公務員制度改革と労働法』/日本労働法学会
『公務員制度改革の憲法違反性』/森田 寛二

「メリット・システム」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ