メールマガジンの購読 メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  オサマ・ビンラディン (ウサマ・ビンラディン)
  トップ > 人名・地名 > オサマ・ビンラディン
関連用語
□アフガン
□タリバーン
□イスラム原理主義
□アフガニスタン内戦
□アルジャジーラ
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 1957年、サウジアラビアの大富豪の家に生まれる。

 1980年代初め、アフガニスタンに侵攻したソ連軍との戦いに義勇兵として参加し、英雄となった。湾岸戦争時、アメリカ軍のサウジアラビア進駐を認めたサウジアラビアを批判し、後に国籍を剥奪される。

 一時はスーダンに亡命。現在はアフガニスタンを実効支配しているタリバーンの保護下にある。その巨額の資産をテロ支援に使っているとの嫌疑をかけられており、1998年のケニア・タンザニアの米国大使館爆破テロ事件、さらに2001年米国同時多発テロの首謀者と見られている。

 タリバーンの最高指導者オマル師と関係が深く、イスラム原理主義組織「アルカイダ(基地)」の指導者とされている。
(2001/10/3)




【関連ウェブサイト】
「Yahoo! ニュース−ウサマ・ビンラディン」:最新ニュース
「Osama bin Laden」中東調査会内コンテンツ
「Network of Terrorism」:在日米国大使館
「主役の肖像・ビンラディン氏」
「オサマ・ビンラディンとCIAの愛憎関係」:田中宇氏の記事

【関連書籍】
『オサマ・ビン・ラディン語る』/ブルーノ・ローレンス(新刊)
『大仏破壊 バーミアン遺跡はな...』/高木 徹(新刊)
『アルカイダ』/ジェイソン バーク
『タリバン (新書)』/田中 宇
『正体―オサマ・ビンラディンの...』/保坂 修司
『ビンラディンのアメリカ核攻撃指令』/ポール・L. ウイリアムズ
『オサマ・ビンラディン』/エレーン・ランドー
『金正日とビンラディン(小学館文庫)』/重村智計
『ビンラディンの論理(小学館文庫)』/中田孝

「ビンラディン」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ