メールマガジンの購読 メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語辞典
  裁判員制度
  トップ > 憲法・司法 > 裁判員制度
補足情報
英語 : Citizen Judge System
類義 : 陪審制、参審制
関連用語
□オンブズマン
□ADR
関連広告
[新刊情報]
 一般市民が「裁判員」として、刑事裁判に直接参加する制度。

 2004年に、「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律(裁判員法)」が成立、日本政府は、5年の準備期間の後、2009年よりこの制度を開始する方針としている。

 刑事裁判に市民の常識を反映すること、裁判時間を短縮すること等を目的として、また、司法に対する国民の信頼向上を意図して導入が検討されるようになった。

 市民から無作為に選ばれた裁判員は、職業裁判官とともに合議体を構成し、事実認定から量刑決定まで関与することになる。
(2007/02/27)




【関連ウェブサイト】
「裁判員制度 - 最高裁判所」
「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」
「はじまります。裁判員制度」
「Google ニュース - 裁判員制度」

【関連書籍】
『人が人を裁くとき―裁判員のため...』/ニルス クリスティ(新刊)
『裁判員制度はいらない』/高山 俊吉(新刊)
『解説 裁判員法―立法の経緯と課題』/池田 修
『裁判員制度 (新書)』/丸田 隆
『あなたも裁判員―漫画で読む裁判員制度』/久保内 統
『裁判員制度は刑事裁判を変えるか...』/伊佐 千尋

「裁判員制度」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ