メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語辞典
  ABM制限条約
  トップ外交・防衛>ABM制限条約
補足情報
正式名称:対弾道ミサイルシステムの制限に関するアメリカ合衆国とソビエト社会主義共和国連邦間の条約
英語:Anti-Ballistic Missile Treaty, Treaty on the Limitation of Anti-Ballistic Missile
関連用語
□包括的核実験禁止条約(CTBT)
□非核地帯
□ジュネーブ
□予防外交
□単独行動主義
関連資料

関連広告
[新刊情報]
『冷戦、国際連合、市民社会―国際連合60年の成果と展望』/浦野 起央 (著)
2005年8月刊
書籍の詳細

 対弾道ミサイル(ABM)システムの制限に関する米国と旧ソ連の間の二国間条約のこと。

 1972年5月、アメリカとソ連の二ヶ国の間で調印され、10月に発効した。

 戦略弾道ミサイル(ICBM、SLBM)を迎撃するABMシステムの配備を、両国の首都とICBM基地の各1ヵ所ずつに制限することを定めた。

 2001年12月、アメリカのブッシュ大統領はABM条約からの離脱を表明し、条約の規定により、2002年6月に条約は失効した。
(2006/05/23)




【関連ウェブサイト】 (2005/05/23)
「ABM条約」
「対弾道ミサイル(ABM)システムの制限に関する...」:条約全文
「ABM条約失効 ―ミサイル防衛の行方―」
「Yahoo!ニュース - ミサイル防衛」
「Yahoo!カテゴリ - 軍事 > 軍縮」

【関連書籍】 (2006/05/23)
『冷戦、国際連合、市民社会―国...』/浦野 起央(新刊)
『人間の安全保障(集英社新書)』/アマルティア セン(新刊)
『比較外交政策―イラク戦争への...』/桜田 大造
『武装解除 -紛争屋が見た世界』/伊勢崎 賢治
『安全保障の国際政治学―焦りと傲り』/土山 実男
『反定義―新たな想像力へ』/辺見 庸
『軍縮問題入門』/黒沢 満

「ABM」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web pol.cside4.jp
お知らせ お問い合わせ HELP LINK 資料室
トップページ