メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語辞典
  人種差別撤廃条約
  トップ > 外交・防衛 > 人種差別撤廃条約
補足情報
英語:International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination
正式名称:あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約
略称:ICERD
関連用語
□国際連合(UN)
□アムネスティ
□パン・アフリカ主義
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 あらゆる種類の人種差別を非難し、その撤廃と人種間の理解促進を目的とする国際条約。

 1960年頃にヨーロッパでおきた反ユダヤ主義を煽る事件の頻発を契機に、国連人権委員会が起草、1965年の国連総会で採択、1969年に発効した。

 「人種、皮膚の色、血統または民族的・部族的出身」による差別を対象としており、あらゆる人種差別を根絶するため、当事国に対して、必要とされる措置を義務付けている。

 また、この条約の実施確保のために、国連内の監督機関として「人種差別撤廃委員会」が設置されている。

 現在の締約国は169ヶ国となっている。日本は、1995年にようやく、この条約の146番目の締約国となった。
(2003/09/11)




【関連ウェブサイト】
「OHCHR」(英語):国連人権高等弁務官事務所公式サイト
「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」外務省内コンテンツ
「人種差別撤廃条約とはどのような条約なのか」ひろげよう人権から
「人種差別撤廃条約と部落問題」BLHRRI から
「Y!ニュース - 人権」:最新ニュース

【関連書籍】
『エスニシティ・人種・ナショナリティ...』/ウォルター・L・ワラス(新刊)
『娘に語る人種差別』/タハール・ベン・ジェルーン
『民族幻想論―あいまいな民族 .....』/スチュアート・ヘンリ
『ブラック―人種と視線をめぐる闘争』/萩原 弘子
『人種と歴史―黒人歴史家のみた...』/ジョン・ホープ・フランクリン
『人種差別撤廃条約と反差別の闘...』/反差別国際運動日本委員

「人種差別撤廃条約」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ