メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  独立国家共同体 (CIS)
  トップ外交・防衛>独立国家共同体 (CIS)
関連用語
□タリバーン
□アフガニスタン内戦
□グローバルガバナンス
□上海協力機構
関連資料

関連広告
 1991年末のソビエト連邦の崩壊後、旧ソ連諸国によって作られた、国家間の調整を目的とした条約共同体のこと。

 ロシア連邦、ウクライナ、ベラルーシ、モルドヴァ、カザフスタン、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、アルメニア、アゼルバイジャン、グルジアの12カ国で構成されている。

 ロシアのエリツィン大統領の頃には、CISは分極化の傾向が強まってきてはいたが、イスラムの武装勢力の活発化、あるいはアフガニスタンのタリバーン政権の軍事行動に対して、危機感を抱いた中央アジア諸国は、ロシアを中心に再結集する動きも見せるようになってきている。
(2002/11/23)




【関連ウェブサイト】 (2002/11/23)
「CIS Executive Committee」(ロシア語、英語)
「独立国家共同体(CIS)加盟国」地図で見る中東情勢内コンテンツ
「EUとロシア」駐日欧州委員会代表部内コンテンツ

【関連書籍】
『20世紀 革命(中公文庫)』/読売新聞20世紀取材班
『ロシア史 新版 世界各国史』/和田春樹
『ロシア革命―レーニンからス...(岩波現代文庫)』/E.H. カー
『日露外交』/斎藤勉
『グスタヴ・アドルフの騎兵...』/リチャード・ブレジンスキー

「独立国家共同体」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ