メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  ドント式
  トップ選挙・地方自治>ドント式
補足情報
英語:d'Hondt Method、
Special Election
日本語:ドント式、
ドント方式
関連用語
□間接選挙
□在外投票制度
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 議席や得票を比例配分する方法のひとつ。

 ベルギーの法学者ドントが考案した方法で、得票数を1、2、3……の整数で割り、この数字が多い順に議席や得票が配分される。

 日本では、参議院・衆議院の比例代表制選挙や党総裁選の党員投票に対して用いられている。
(2006/09/25)




【関連ウェブサイト】 (2006/09/25)
「「ドント方式」って何?」
「ドント方式」
「【基礎からわかる自民党総裁選】Q 投開票の仕組みは?」
「Yahoo!ニュース - 選挙」
「Yahoo!カテゴリ - 政治 > 選挙」

【関連書籍】 (2006/09/25)
『地方選挙の手引〈平成18年〉』/選挙制度研究会(新刊)
『政治的情報と選挙過程』/境家 史郎(新刊)
『市民社会における制度改革―選挙制...』/浅野 正彦(新刊)
『問答式 選挙運動早わかり―地方議会...』/全国町村議会議長会
『政務調査費―その使用実態と問題点』/宮沢 昭夫
『現代の政党と選挙』/川人 貞史
『Q&A選挙と捜査』/渡辺 咲子
『選挙制度―民主主義再生のために』/小林 良彰

「ドント式」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ