メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  間接選挙(複選挙)
  トップ選挙・地方自治>間接選挙(複選挙)
補足情報
英語:indirect election
関連用語
□大統領制
□全国人民代表大会
□秘密投票
□ドント式
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 有権者が候補者に直接投票する直接選挙に対して、有権者はまず最初に、「(中間)選挙人」を選び、選ばれた選挙人が候補者に投票して、最終的な当選者を決定する選挙のこと。

 また、フランス、オランダ、ノルウェーのように、二院制における上院の選出の基礎を下院に求めるという形で用いられている。

 アメリカの大統領選挙は、間接選挙の代表例とされるが、大統領選挙人はあらかじめどちらの政党の候補を支持するかを明らかにしているので、事実上直接選挙と変わりがないとされてきた。

 しかし、2000年11月の大統領選挙では、一般投票の得票率では下回っていたジョージ・W・ブッシュ候補が、選挙人の獲得数でゴア候補に上回り、勝利するという「逆転現象」が起きた。
(2006/02/28)




【関連ウェブサイト】 (2006/02/28)
「日本国憲法43条2項」
「FNサービス 問題解決おたすけマン」
「選挙制度改革」総務省内コンテンツ
「明るい選挙推進協会」:明るい選挙の実現を目指す財団法人
「ELECTION」:選挙情報専門サイト
「Yahoo!ニュース - 選挙」:最新ニュース

【関連書籍】 (2006/02/28)
『アメリカ大統領と戦争』/アーサー・シュレジンガー・Jr.(新刊)
『日本の選挙―何を変えれば政...』/加藤 秀治郎(新刊)
『大統領のつくりかた』/堀田 佳男
『大統領選を読む!』/鈴木 健
『中傷と陰謀 アメリカ大統領選狂騒史』/有馬 哲夫
『首相公選を考える―その可能性と問題点』/大石 眞
『現代日本の投票行動 多文化世界に...』/谷口 尚子

「間接選挙」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ