メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  在外投票制度
  トップ選挙・地方自治>在外投票制度
関連用語
□秘密投票
□補欠選挙
□ドント式
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 国政選挙の比例区に限って、海外で3ヶ月以上暮らす日本人が投票することができるという制度。

 1998年4月の公職選挙法改正で成立し、2000年衆院選で初めて導入された。この時は約5万9000人が登録し、うち約1万7000人が投票した。2001年夏の参院選でも実施された。

 ただ、事前に手間のかかる在外選挙人登録をしなくてはならない他、ロンドンやニューヨーク、フランスなど多くの在外公館では、現地の事情により、投票が実施されていない。
(2001/11/1)




【関連ウェブサイト】 (2002/12/06)
「在外選挙」:投票方法など/外務省内コンテンツ
「在外選挙制度の概要」総務省内コンテンツ
「〜諸情報〜在外選挙」FamiNet内コンテンツ
「在外投票の楽しみ方」

【関連書籍】 (2006/09/18)
『地方選挙の手引〈平成18年〉』/選挙制度研究会(新刊)
『政治的情報と選挙過程』/境家 史郎(新刊)
『市民社会における制度改革―選挙制...』/浅野 正彦(新刊)
『在外選挙ハンドブック』/在外選挙研究会
『海外から一票を!―在外投票運動の航跡』/海外有権者ネットワークLA
『政務調査費―その使用実態と問題点』/宮沢 昭夫
『現代の政党と選挙』/川人 貞史
『Q&A選挙と捜査』/渡辺 咲子

「在外投票制度」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ