メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  汚染者負担原則 (PPP)
  トップ > 環境問題 > 汚染者負担原則 (PPP)
関連用語
□OECD
□環境税
□ライフサイクルアセスメント
□リオ宣言
□ダイオキシン汚染
□マルポール条約
□ADR
□PRTR
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 環境政策費用においては、汚染の原因となった者が第一次の負担者であるべきだとする原則。

 1972年にOECDが「環境政策の国際経済面に関する指導原理」の中で、公正な自由競争の枠組を作るための原則として提唱された。

 現在ではこの考え方は世界的にも浸透してきており、適用対象も多岐に及ぶようになってきている。
(2001/10/2)




【関連ウェブサイト】
「環境政策の最先端 〜OECDの環境政策〜」
「持続可能な発展と環境効率性」

【関連書籍】
『環境適合設計ツールの活用入門―コアツール...』/坂尾 知彦(新刊)
『LCAの実務』/稲葉 敦(新刊)
『都市ごみ処理システムの分析・計画・評価...』/松藤 敏彦(新刊)
『環境税の理論と実際』/諸富 徹
『SSS PPP―モトコのピースフルなエコライフ』/川口智子

「汚染者負担原則」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ