メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  排出権取引 (ET)
  トップ > 環境問題 > 排出権取引 (ET)
補足情報
英語 : Emissions Trading
略称 : ET
類義 : 排出量取引、排出権ビジネス、排出枠取引
関連用語
□京都メカニズム
□京都議定書
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 温室効果ガス排出量の数値目標を定めた京都議定書締約国の間で、排出量枠の取引を行うこと。

 国や企業の間で排出権を取引することにより、市場メカニズムが作用し、京都議定書の目標を効率よく達成することが期待される。

 2002年には、イギリスが国内取引市場を開設した。日本では、2007年にも取引所が開設される見込みである。

 一方、極端な経済活動の停滞等によって、当該国の温室効果ガスの削減努力とは関係なく大量の余剰枠、いわゆる「ホットエア」が発生することによる問題なども指摘されている。
(2007/03/17)




【関連ウェブサイト】
「排出権取引とは何か?」
「英国大使館:排出権取引」
「Google ニュース - 排出権取引」

【関連書籍】
『気候変動と国内排出許可証取引制度』/田中 彰一(新刊)
『なるほど図解 排出権のしくみ』/株式会社日本スマート...(新刊)
『図解 よくわかる排出権取引ビジネス』/みずほ情報総研
『先進事例にみる排出権取引ビジネス...』/三菱総合研究所
『金融機関の環境戦略―SRIから排出...』/金融機関の環境...
『地球温暖化対策―排出権取引の制度...』/西條 辰義

「排出権取引」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ