メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  PRTR (環境汚染物質排出・移動登録制度)
  トップ > 環境問題 > PRTR (環境汚染物質排出・移動登録制度)
補足情報
英語:Pollutant Release and Transfer Register
略称:PRTR
日本語:環境汚染物質の排出・移動登録制度、化学物質排出移動量届出制度
関連用語
□汚染者負担原則
□ダイオキシン汚染
□アスベスト汚染
□OECD
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 事業者が自然環境中にどれだけの汚染物質を排出し、また廃棄しているのかを行政機関に報告、公表する制度のこと。

 欧米で先行して導入され、OECDの導入勧告をうけて、日本でも1999年に制定されたPRTR法に基づいて、2001年より実施されている。

 事業者自身が、化学物質を管理し、市民や行政機関とのコミュニケーションを促進することで、環境リスクの軽減が期待される。
(2006/11/09)




【関連ウェブサイト】
「PRTRインフォメーション広場」
「PRTR制度対象物質データベース」
「Google ニュース - PRTR」

【関連書籍】
『環境リスク解析入門 化学物質編』/吉田 喜久雄(新刊)
『環境化学計測学―環境問題解決へのア...』/堀 雅宏(新刊)
『PRTRの実務ノウハウ』/市川 芳明
『やさしいPRTR法届出の仕方―経済産業...』/斎藤 幸保
『よくわかる洗浄のPRTR対策―排出量...』/日本産業洗浄協議会
『PRTR・MSDS対象化学物質の毒性ランク...』/浦野 紘平

「PRTR」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ