メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  CSR (企業の社会的責任)
  トップ > 環境問題 > CSR (企業の社会的責任)
補足情報
英語:Corporate Social Responsibility
略称:CSR
関連用語
□京都議定書
□OECD
□ディスクロージャー
□コーポレートガバナンス
□ICGN
□ロハス
□グローバル・コンパクト
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 利益の追求だけでなく、企業は社会貢献や情報公開など社会的側面においても、責任を果たすべきという考え。

 欧米では、1990年代後半頃から企業の評価基準として、重視されるようになってきている。

 日本においては、「CSR経営元年」と呼ばれた2004年頃から認知されるようになり、CSR専門の部署を設置している企業も増えてきている。
(2006/08/17)




【関連ウェブサイト】
「CSR Archives」
「エコロジーシンフォニー」
「企業の社会的責任 社会と共に生きる発想を」:沖縄タイムス社説
「Google ニュース - CSR」

【関連書籍】
『CSR 「働きがい」を束ねる経営』/日経CSRプロジェクト(新刊)
『企業倫理をどう問うか―グローバル化時...』/梅田 徹(新刊)
『ヨーロッパのCSRと日本のCSR―何が違い...』/藤井 敏彦
『企業倫理とは何か 石田梅岩に学ぶCSRの精神』/平田 雅彦
『CSR―企業価値をどう高めるか』/高 巌
『CSR経営―企業の社会的責任とステイクホ...』/谷本 寛治

「CSR」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ