メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  ライフサイクルアセスメント (LCA)
  トップ > 環境問題 > ライフサイクルアセスメント (LCA)
補足情報
英語 : Life Cycle Assesment
略称 : LCA
類義 : ライフサイクルアナリシス、ライフサイクル評価、ライフサイクルインパクトアセスメント
関連用語
□環境アセスメント
□3R
□汚染者負担原則
□容器包装リサイクル法
□ロハス
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 商品が環境に与える影響を総合的に評価する方法のこと。

 より環境への負荷の少ない生産方法や代替製品の選択を可能にするため、商品原材料の採取から、加工、販売、消費、そして、廃棄、リサイクルに至るまでの各過程ごとに評価される。

 1997年には、国際標準化機構(ISO)が原則と枠組みを規格化している。

 日本でも、大手企業を中心に導入が進められており、2003年には、経済産業省主導のプロジェクトによるデータベースが公開された。
(2006/06/20)




【関連ウェブサイト】
「産総研:ライフサイクルアセスメント研究センター」
「LCA日本フォーラム」:LCAデータベース
「ライフサイクル評価」:環境省から
「Yahoo!ニュース - 環境問題」

【関連書籍】
『環境適合設計ツールの活用入門―コアツール...』/坂尾 知彦(新刊)
『LCAの実務』/稲葉 敦(新刊)
『環境システム工学―循環型社会のためのラ...』/足立 芳寛
『企業のためのLCAガイドブック』/富士総合研究所環境資源エネ...
『ISO14030‐40の規格化による建設業の環境...』/土木学会地球環境...
『LCA手法による飽食経済のエネルギー分析...』/久守 藤男

「ライフサイクルアセスメント」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ