メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語
  タテ割り行政
  トップ内閣・行政>タテ割り行政
関連用語
□自治事務
□法定受託事務
関連資料

関連広告
[新刊情報]
『地域を変える市民自治―井手敏彦の実践と思想』/井手敏彦選集刊行会 (編集)
2006年1月刊
書籍の詳細

 中央の諸官庁が、地方自治体のその関連部門に指揮命令を与えることが、中央と地方の関係において、最も重要であるという考え方に基づくもの。

 日本の中央と地方の関係の特徴とされてきたもので、中央地方ともに、行政機関は横の関係よりタテの関係が重視されてきた。

 しかし、個別補助金、通達が調整されずにタテ割りで下されるため、地方行政は分断され、合理的な調整や施策は困難となる。

 こうしたことから、近年の地方分権改革、2001年度の省庁再編により、タテ割り行政の弊害を減少させることが期待されるようになった。
(2001/11/1)




【関連ウェブサイト】
「行政改革会議」首相官邸内コンテンツ
「地方分権改革推進会議」内閣府内コンテンツ

【関連書籍】
『地域を変える市民自治―井手敏彦の...』/井手敏彦選集刊行会(新刊)
『霞ヶ関構造改革・プロジェクトK』/新しい霞ヶ関を創る若手の会
『The市役所改革―現役職員が物申す!』/元松 逸太郎
『地域再生の経済学―豊かさを問い直す』/神野 直彦
『ソーシャル・ガバナンス 新しい分権...』/神野 直彦
『地域コミュニティ論―地域住民自治組...』/山崎 丈夫
『横浜市改革エンジン フル稼動 中田市...』/南 学
『哲学する民主主義―伝統と改革の市民...』/ロバート・D. パットナム

「タテ割り行政」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)
お知らせ お問い合わせ HELP LINK 資料室
トップページ