メールマガジンの購読
Pol-Words NET/現代政治用語辞典
  オンブズマン
  トップ > 内閣・行政 > オンブズマン
関連情報
英語:ombudsman
別称:オンブズ、オンブズパーソン、国政監察官、行政監察官
関連用語
□ノーマライゼーション
□住基ネット
□諫早湾干拓事業
□ADR
□エンパワーメント
□裁判員制度
関連資料

関連広告
[新刊情報]
 行政に対する国民の苦情を中立的な立場で調査し、是正措置を勧告することによって、問題を処理するために任命される官職。

 1809年にスウェーデンで創設された制度で、同国のオンブズマンの権限は強く、政府、国有化産業、裁判官などの不当な行動に対して、本人の苦情申立て及び自らのイニシアティブで調査を行い、施設を査察することができる。
 一般にオンブズマンは、行政府のみならず議会からも独立していること、簡易性・迅速性が重視されていること、などの特徴を持つ。

 現在では、北欧三ヶ国をはじめ、イギリス、フランス、スペイン、  ニュージーランドなど多くの国で採用されている。
 日本では、1990年に川崎市で「市民オンブズマン条例」が制定されたのにはじまり、その後、東京都中野区、長崎県諌早市などでも条例化された。
(2003/03/28)




【関連ウェブサイト】
「情報公開市民センター」:オンブズマン連絡会議、データベースなど
「オンブズマンネットワーク」:メーリングリスト、リンクなど
「長谷川博のホームページ」:各国関連法案の翻訳など

【関連書籍】
『オンブズマン制度―日本の行...』/林家 礼二(新刊)
『利用者とオンブズマンのための介護...』/朝日 健二
『官官接待と監査―情報公開と市民オ...』/宮元 義雄
『福祉"オンブズマン"―新しい...』/福祉オンブズマン研究会
『世界のオンブズマン構想』/川野 秀之

「オンブズマン」で書籍の検索 (Amazon.co.jp)


>> 他の用語を検索する
 
Web Pol-Words NET
お知らせ 問い合わせ HELP LINK 資料室 トピックス
トップページ